モデルハント=集客力のポイント

悩める美容師の教科書

こんにちはHiroです。

今回も引き続きアシスタントの悩みについてやってきましょう。

  • 人間関係が悪い
  • モデルハントが辛い
  • なかなか上手くなれない
  • 拘束時間(レッスンも含め)が長い
  • 給料が少ない
  • アプローチ等のノルマがきつい

この中の二番目の項目がテーマです

 

 

モデルハントが辛い

 

 

美容師には避けては通れない道が、実際にモデルさんを呼んで人頭での練習。
ウィッグを切ったり染めたりしているだけでは得られない経験は得られるけれど、実際条件に合うモデルさんを見つけるのはかなり大変。

 

モデルハント(通称モデハン)はお店によって様々ですが、僕の後輩の前のお店の話。
必要な時にモデルハント出来なかったら休みを減らされたたんです。
しかも、モデルさんの都合による当日キャンセルもアウト。
もはやイジメたいだけですねこんなシステム笑

そこは特殊な例だとしても、モデルハント100人とか普通にやらされるお店もザラにあります。
都会だと人通りも多いけど、田舎はなかなか厳しい…

僕は毎月15~20人くらいやってました。
通勤日数は22日くらいだし被った日は断ってたくらいだから、そこそこやれたのかな?
そんな秘訣を絡めながら集客力についてみていきましょう。

 

 

モデルハントで一番ヒットしたSNS

 

何が1番ヒットしたかっていうとなんとmixiなんですね。
しかも一年前くらいまでやってたの笑
まだいくらでもヒットすると思うよ笑

確かにモデハンは直接ハントするのが1番いいけど、僕は人見知りなチキンボーイだから無理w
かといって、Twitterやインスタなんかでの募集も見るけど、これはかなり難しいんですよね。

確かにアクティブユーザー数はインスタやツイッターが圧倒的。
でも、なんせレッドオーシャンだから競争率が激しすぎるんです。

 

10000人ユーザーがいても、競争相手も1000人いる。
そんな状況の中で実際の目標のモデルを捕まえられるのは上位5%くらいなものです。
ターゲットは競争者1000人に平等には絶対にいかず、その中でも特に力や存在感のある人に殺到します。

1000人と戦って、上位20人に入れるならツイッターやインスタでモデル募集すれば、かなりの数は集められるでしょう。

でも、僕にはそんな力も才能もないし、ぶっちゃけそんなモデルの数やりたくないこなせない。
それならと、ターゲットも少ないけれど競争相手も少ないブルーオーシャンであるmixiで快適に募集できました。

 

 

モデル募集に習う集客のポイント

 

 

ここまでの話ですでに見えてきてると思いますが、これは集客にも当てはまります。
集客に関してもそう。今はやっぱりブリーチやインナーカラーが流行っていて需要が多い。
ということは、求めてるお客さんが多ければ多いほど競争者も多い。

そして、そのレッドオーシャンはどんどん過熱していってる。

もちろん飛び抜けてそこで戦っていけるのは素晴らしいことだよ。
でも普通じゃ無理です。
さっきも書いたけど競争者が100人いても勝っていけるのは5%。

もちろん、勝てる自信があるならそれが王道路線。
挑戦していくのもいいことだと思います。

でも僕なんか普通の人間は、絶対残り95%に入っちゃうから、勝つためには出来るだけ隙間に入っいく
狭くニッチな需要に、より深く 。競合する他者がいないブルーオーシャンに。

 

土台を先に固めてしまえば、後から参入してくる隙間はないんです。
流行り始めてからではもう遅い。流行る前に種を巻くか、自分で作る。
それを先行者利益と言います。
ってなわけで他店の失敗の補修とかしてるわけだけどさ笑

話戻すね笑

モデルハントや集客なんかにしても、出来るだけ他の人が目をつけていないところで勝負する。
ナンパの様にハントしてくるのもいいと思います。
それが出来るのは魅力的な才能ですよね。
ただし、営業時間内でハントさせてくれるならね笑

そんな事に時間を使うより、mixiなんか軌道に乗せれば楽。
実働5分とか、家でご飯食べながら携帯触るだけでハント出来るんですから笑

もちろんその中にもプロフィールや文章の魅せ方、トピックは立てるのか載せるだけかとか戦略は必要ですが。

 

  • 人の手が薄いところ。
  • 確実に需要がある。
  • 自分キャラクターを押していく戦略。

それが王道じゃなくて、邪道であればある程いい。
王道で勝てる人はまず悩んでないからね笑

悩めるからこそいいんです。
君達には勝とうとする工夫や武器が手に入るんだから。

それはずーっと必死で悩んで考えて考えた人にだけ、ある時フッと降りてくるものだから。

一緒に悩みましょう。
悩みもない才能ある奴に負けたくないですよね。

 

タイトルとURLをコピーしました