いいスタッフや経営者の見分け方

悩む美容師の教科書

さあ皆新しいお店を探してるかな?
ここまではお店自体にフォーカスあててたので、次は人にあてていこう。

 

スタッフって大切なんです

まず経営者経営者はお店の方向やシステムが決まるから、一番大切なところなんだけど
お店のスタッフって一番密接にあなたと関わってくるよね。

 

転職を考えてるアシスタントへ書きましたが
20~24歳の辞めた理由の8%が人間関係だ。

8%が辞めていくくらいって結構大きな悩みよね?
しかも辞めてない人も含めたら、それはすごい数になるんじゃないのかな。

特に美容師はスタイリストの先輩やアシスタントの先輩から、営業のやり方だけでなくて、根本的な技術指導も入ってくる。
だから先輩がクソなら苦悩する事は間違い無い。

 

 

見分け方なんだけど、ある程度続いてるお店でだとこの2つ。

  • 若いスタッフばっかり。
  • 逆に40~50しかいない。

この二つのパターンで、ずっと求人出してるのってかなり嫌な匂いがするよね笑

ある程度の若いスタッフばかりなのは、単純に続いていないんだろうね。
スタッフがどんどん辞めていくからには、条件以外にもそれなりの理由があるんだろうし、
そこで育ってスタイリストになったとしても、長く続けようと思わないお店なんだと思う。

 

逆に40~50代が多く、上ががっちり固まり過ぎてると、下が育たないパターンだよね。
悪く考えるとイジメがあったり、自分達の小間使い(奴隷)が欲しいだけのケース。
そりゃ間がポッカリ空いてくるさ。

辞めていくのは最近の若い人たちが悪いんじゃないぞ?
後輩一人幸せな美容師にできないおっさんたちが悪いんだ・

 

でも基本的に、あまり若いスタッフだけで構成されているより、大人なスタッフがいる方がいいよ。
一般的な会社に比べて、三年以内の離職率が80%前後の美容師は、構成スタッフがどうしても若い。

一見同世代が多いのって楽しく思えるかもしれないけど、社会人歴数年の20代前半に教育なんて無理だ。
1年や2年早く働いてるだけでは、中身の土壌は後輩と大差ない。
若い先輩の教えることの練習台にされるのがオチだね。

若くても適性がある人ももちろんいるだろう。
でも技術職なんだ。自分が学ぶよりも教えるのはもっと難しい…
君たちは受験勉強を、教育実習の先生に教わりたいか?
ベテランの先生の方がわかりやすいだろう。

かと言って20~30代がいないお店のベテランの先生が、指導者にむいているとも限らない。
むしろ、むいていないから間が空いてしまっているんだろう。

ある程度の年齢でスタッフをきっちり教え、
指導者としての経験があるスタッフや経営者がいるお店を探すんだ。

そこで必ずしも重視しなくていい事がある。

 

 

人気スタイリストといい先輩とは別

売上がよくて腕のいいプレイヤーが、腕のいい先生なわけじゃないんだ。
世界一のプレイヤーの監督やコーチは、NO.1 プレイヤーだったのか?
違う事が多いんだよね。

売上を叩き出す美容師は才能がある。でも指導者としての才能とは別なんだ。
後は新規オープンのお店は、1年目のアシスタントの子達は避けた方がいいかな。
オーナースタイリストも1年目だから、めんどくさい事が多い笑

 

他にはアットホームな(経営者にとって都合のいい)お店。
大家族主義(親の言うことは聞くべき)お店。
だからね笑

公私混同は目に見えるし、
家族?従業員様だよ。
「働いていただけてる」って感覚が無いのは致命的だよ。

たまに勘違いしたスタイリストが「俺がスタッフを支える売上を稼いでる」とかおっしゃてますが、
いやいや、今時そんなセリフ専業主婦の奥さんにでも、言ったらアウトだから笑

アシスタントの給料は恵んでいただいてるのではなくて、ちゃんと労働した分の対価報酬だから。
そんなセリフ労働させずに給料あげてから言えw

 

条件としてはこの4つ。

  • ある程度大人な年齢のスタッフがいる。
  • 年齢層が偏りすぎていない。
  • 面接の段階で自分からお金や休みの話のしてくれる。
  • 夢ばっかり語っていない。

 

経営者と面接した後に、よさげだったらお客様として予約して、チーフクラスにカットしてもらったりもいいよね。
何年も働くお店を探すんだから、多少の手間かけた方がいいしね。

その辺を頭に入れて探してみるといいんじゃないかな。
きっといい師匠に出会えるから。

タイトルとURLをコピーしました