DHC Q10 クイックカラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

4.0
DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー カラートリートメント

さまざまな商品や情報があふれていますが、現役の美容師Hiroがクイックカラートリートメントのを使って実際の使用感をレビューしていきます。

Hiro
Hiro

2019年の日本の人口は1億2000万人で、35歳以上の女性は4502万人と3分の1にあたり、白髪を気にしている女性は非常に多いです。

そんな女性の白髪の悩みを少しでも解消したいと考え、髪をダメージさせず自宅でも気軽に使えるカラートリートメントの色持ちや使用感を本音でお伝えしていきたいと思っています。

美容室でオススメを聞くと、そこで扱ってる商品しか教えてくれませんが、ここではあらゆるアイテムをホンネともにHiroがレビューしていきます。

 

今回のアイテムはDHC Q10 クイックカラートリートメント ダークブラウン

市販品でブランドはDHC。

この記事は
  • Q10 クイックカラートリートメントの使用感
  • Q10 クイックカラートリートメントの成分解析
  • 白髪対応Q10 クイックカラートリートメントのおすすめ度を画像とともにお伝えしていきます。


アマゾンでのみんなのクチコミは!?

アマゾンでのQ10 クイックカラートリートメントのクチコミは星3.4つです
クリックでアマゾンのクチコミを見る
アマゾンでのDHC Q10カラートリートメントのクチコミは
良いクチコミ抜粋
  • カラートリートメントで短時間で染まったのは初めて!
  • 三種類ほどのカラートリートメントを使いましたが、このアイテムが1番良く染まる!
悪いクチコミ抜粋
  • 髪質によっては赤味が気になる
  • 濡れた髪には染まりが悪い時がある
アマゾンでのQ10 クイックカラートリートメントのレビュー
25%
38%
12%
25%
0%
Hiro
Hiro

実際に使った人のクチコミでした。では僕も実際に使ってレビューしていきます。

 

実際にDHC Q10 クイックカラートリートメントを使ってみた

購入したアイテムはこちら。

DHC Q10カラートリートメント ダークブラウン
DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー
この商品の特徴はこちら。

「もっと簡単に、手軽に白髪をそめたい」がコンセプトのDHC Q10のカラートリートメントです。

カラートリートメントは染まらない。という印象をくつがす染毛力にキープ力と、放置する時間も2回目以降はたった5分に短縮しています。

さらに天然のアロマを100%使用し、”トリートメント”の名にふさわしいダメージ補修力と、白髪世代が気にしている「ハリ・コシ」「うるおい」「ツヤ」をケアする美容液パワーも充実した内容になっています。

他にも特徴が、

  • ノンシリコン
  • 新テクノロジーのWカラー成分処方
  • カラーフィックスコートで染めたての色ツヤキープ
  • コエンザイムQ10やコラーゲンを始めとする美容液成分

など魅力的な内容になっています。

ルナ
ルナ

簡単にしっかり染まって、髪もキレイになるなら言うことなし!

では実際にどうなのか見ていきます。

 

内容成分の解析

カラートリートメントの内容成分一覧
DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

成分一覧
水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、オリーブ果実油、パルミチン酸エチルヘキシル、尿素、ステアルトリモニウムブロミド、ユビキノン、乳酸、炭化水素アンモニウム、加水分解シルク、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ヒドロキシプロピルキトサン、ゼイン、ポリ-ε-リシン、グリシン、ユーカリ葉油、オレンジ油、セイヨウアマカツ葉油、ローズマリー葉油、ニオイテンジクアオイ油、ベルガモット果実油、セイヨウハッカ油、ローレル油、セージ油、イランイラン花油、リン脂質、スフィンゴ脂質、エチルヘキシルグリセリン、ポリクオタニウム-48、ステアリン酸グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、DPG、イソプロパノール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、エタノール、フェノキシエタノール、(+/-)HC黃4、HC黃2、HC青2、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16

それでは成分を見ていきます。

水添ナタネ油アルコールという植物由来の安全性が高いベース剤から始まり、ミリスチルアルコール(エモリエント成分)、グリセリン(保湿剤)と地肌への刺激性が非常に低い成分がトップを占めています。アルコールと名前がついていますが、油に近い性質を持つ成分で保湿性が高いです。

続いてソルビトール、オリーブ果実油、パルミチン酸エチルヘキシル、尿素とこれらもまた皮膚への刺激が低いエモリエント成分で、化粧品も開発しているDHCの強みが十発揮されているように感じます。

そしてコエンザイムQ10の成分であるユビキノン、加水分解シルク、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ゼイン、ポリ-ε-リシン、ユーカリ葉油、オレンジ油、セイヨウアマカツ葉油と天然のエモリエント成分など、市販品にはなかなか無い品質で好印象。

Hiro
Hiro

この内容でこの値段、そして白髪への染まりも良ければコスパは最高クラスだというのが成分の解析結果です。

とはいえ、実際の使用感は使ってみないとわからないので、成分はこれくらいで次に行きましょう。

 

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

パープルにゴールドの文字で、高級感のあるパッケージです。

DHCの代表成分であるコエンザイムQ10が印象的です。

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

大人の女性にもマッチするデザインですが、少し情報量が多く市販感が否めません。

一般的なカラートリートメントの下向きの出し口で、使いやすい仕様になっています。

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

説明書に加えて、手袋も3回分ついているので細かいところまで良心的。

 

気になる白髪の染まりは?

僕は白髪が無いので、こちらの人毛の白髪毛束を使ってカラートリートメントで染めていきたいと思います。

1つは白髪100%の毛束で、もう1つは白髪30%に黒髪70%の毛束です。
まずはビフォーから。

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

そしてこの白髪対応のQ10 クイックカラートリートメントがこちら。

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

適量を塗布しました。

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

このブログではカラートリートメントは全てのアイテムで濡れた髪に10分放置で実験しています。

 

白髪の染まりと色味

白髪の染まり上がりはこちら

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー
パッと見た印象はかなり染まりがいい感じです。

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

白髪100%の方はいい感じの染まり方で、クチコミにあった赤っぽさは全く感じません。

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

黒髪70%白髪30%の方も、完全に染まりきるわけではありませんが、塗ったところと塗っていないところの差がハッキリわかるくらいに染まっています。

濡れた髪に一回の使用でここまで染まるのは正直めずらしいです。

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

手にもくっきり残るのは、染まり方が強い証です。

もちろん手についたままはご覧の通りですので、付属の手袋をするかすぐにキレイに洗い流してください。

そして5日間、日常生活をしたと考えて5回ほどシャンプーをしてみました。
5日後の白髪の染まり

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

遠目で見る分にはそこまでの違いはわかりませんが、

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

近くで見るとやはり少し色落ちは見られますが、及第点ではあります。

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

とはいえ説明書通りに、最初に何日か続けて使用したほうがいいかな~と個人的な印象です。

 

手触りや質感はどうなの?使って検証してみた

白髪の染まり以外にも実際に手触りも気になるところなので、自分の髪にも使用してみました。

トリートメントを出してみるとフレッシュハーバルの香り。

スパイシーで個人的には好きですが、少し意見も分かれそうな印象です。

DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー

使用感としても成分通り好印象。

指通りもなめらかで、「トリートメントしたな」と思わせてくれる質感です。

とはいえ、ダメージを補修するとまでは言えず、乾かした後に独特の硬さもでるので、これを「ハリ・コシ」ととらえるか「きしみ」ととらえるか分かれそう。

 

この白髪対応Q10 クイックカラートリートメントの評価

染まり
色持ち
香り
コスパ
手触り
オススメ度

良かったポイント

市販品とは思えない染まり。
コスパが良く、どこでも購入しやすい市販の強みがある。
手触りも及第点。
染まりに対して少し色持ちが気になる。
もともと髪がしっかりしてる人にはきしみが気になるかも。

今回はQ10 クイックカラートリートメントを使用しましたが、十分満足できる内容でした。

今までの1番染まりが良かった、利尻昆布カラートリートメントと変わらない染まり方で、値段はこちらのほうが安くて試しやすいのが好印象。

質感や手触りは利尻昆布カラートリートメントのほうが優秀ですが、市販品でこれだけのパフォーマンスなら十分使っていてだけると思います。

男性にもオススメしやすい香りなのと、地肌への配慮もしっかりされているので、毎日ご使用いただいても問題無いアイテムです。

Hiro
Hiro

ノンシリコンなのに、天然のアロマ成分でこの指通りならありです!

 

全ラインナップ

クリックでQ10 クイックカラートリートメントの全ラインナップが見れます
Q10 クイックカラートリートメントの全ラインナップ
Hiro
Hiro

全3種類で明るさに合わせて選んでいただけるラインナップになっています。

DHC Q10 クイックカラートリートメント ブラック
DHC Q10 クイックカラートリートメント ダークブラウン
DHC Q10 クイックカラートリートメント ライトブラウン

 

悩める女性にオススメできる?実際の感想

Hiro
Hiro

個人的な結論としてはぜひオススメしたいアイテムです。

やはりカラートリートメントで1番求められる「染まり」を十分に実感していただけるのと、質感、説明書、手袋と細部まで気持ち良く使ってもらえるように気配りされているアイテムです。

ルナ
ルナ

カラートリートメントで迷ったらとりあえず使ってみて損はない商品ですね。

書いてあることと、商品の性能がマッチしていないことも多々あるのですが、DHC Q10カラートリートメントに関してはそれを全く感じないので、美容師としてオススメしたいというのが、個人的な結論としです。

白髪対応のDHC Q10 クイックカラートリートメントの感想は以上になります。

白髪に悩む女性に少しでもお力になれれば幸いです。DHC Q10カラートリートメント【クチコミ3.8】で白髪が染まるかレビュー
Hiro
Hiro

僕が使ってみて本当にオススメしたいカラートリートメントはこちらのアイテム。



カラートリートメントの使用実験の方法について

様々なブランドから発売されているカラートリートメントには、そのブランドごとのオススメ使用法保があります。

やはり時間を長くすればするほど染まりがいいのがカラートリートメントなので、公平に実験結果を出すために、

  • たっぷりつけて10分放置
  • しっかり流して一度目の結果
  • その後5回シャンプーしてその結果

の3工程に固定して記事を書いています。

よく染めたい人は乾いた髪にたっぷりつけて、30分ほどラップやキャップなどを被って放置し、シャンプーするとより効果的に染まります。

カラートリートメンのメリットとデメリット

Hiro
Hiro

まずはメリットから。

・髪が傷まないので繰り返し使用できる。
・自宅で気軽にできる。
・一般的なカラー剤のアレルギーでかぶれる人にも使用できる。
ルナ
ルナ

次にデメリットです。

・白髪に着色はするが、黒髪を明るくできない。
・色落ちや色移りがある。
・染まりが薄い商品も多い。

メリットとデメリットをふまえて、使い方さえ間違えなければ白髪対策として優秀なアイテムになりますので、ぜひご検討ください。




広告を表示する記事コンテンツの HTML の間に、広告コードを配置します
広告がページに配信されるまでに、20~30 分程度かかる場合があります。最初は標準のディスプレイ広告が表示される場合がありますが、まもなくネイティブ広告が表示されるようになります。

タイトルとURLをコピーしました