ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー カラートリートメント

さまざまな商品や情報があふれていますが、現役の美容師Hiroがウエラトーン カラートリートメント(WLLAウエラ)のを使って実際の使用感をレビューしていきます。

Hiro
Hiro

2019年の日本の人口は1億2000万人で、35歳以上の女性は4502万人と3分の1にあたり、白髪を気にしている女性は非常に多いです。

そんな女性の白髪の悩みを少しでも解消したいと考え、髪をダメージさせず自宅でも気軽に使えるカラートリートメントの色持ちや使用感を本音でお伝えしていきたいと思っています。

美容室でオススメを聞くと、そこで扱ってる商品しか教えてくれませんが、ここではあらゆるアイテムをホンネともにHiroがレビューしていきます。

 

今回のアイテムはウエラトーン カラートリートメント ダークブラウン

市販品でブランドはWELLAウエラ

この記事は
  • ウエラトーン カラートリートメントの使用感
  • Qウエラトーン カラートリートメントの成分解析
  • 白髪対応ウエラトーン カラートリートメントのおすすめ度を画像とともにお伝えしていきます。


アマゾンdeのみんなのクチコミは!?

 

アマゾンでののウエラトーン カラートリートメントのクチコミは星3.4つです
クリックでアマゾンのクチコミを見る

アマゾンでのウエラトーン カラートリートメントのクチコミは

良いクチコミ抜粋
  • 色味がキレイでトリートメント効果も感じる!
  • 香りがフローラル調の華やかさでいい感じ!
悪いクチコミ抜粋
  • 爪が黒くなる…
  • 他のカラートリートメントより染まるが、メーカー推奨の5分より長めに置いたほうがいいかも…

 

アマゾンでのウエラトーン カラートリートメントのレビュー
24%
28%
25%
13%
10%

Hiro
Hiro

実際に使った人のクチコミでした。では僕も実際に使ってレビューしていきます。

 

実際にウエラトーン カラートリートメントを使ってみました。

購入したアイテムはこちら。

ウエラトーン カラートリートメント ダークブラウン
ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー
この商品の特徴はこちら。

美容師のプロ用のサロン専売品も扱っている有名メーカーのWELLAウエラ

Hiro
Hiro

大ヒットしたカラー剤のイルミナカラーもWELLAウエラが開発・販売しています。

美容業界で一流メーカーが市販品として、ドラッグストアでも販売しているウエラトーンは、サロン発想のベースに6つのボタニカル成分の、

  • アルガンオイル
  • マカダミアオイル
  • ヤシ油
  • ホホバオイル
  • アボカドオイル
  • ひまわりオイル

などが配合となっており、染めるたびに髪にうるおいとツヤをもたせ、なめらかで美しい髪に導きます。

ルナ
ルナ

美容室専売品も扱っているだけあって期待大ですね!

もちろんカラー剤で有名なWELLAウエラなので染まりにも力を入れており、プラスにイオン化した染料が、マイナスにイオン化した髪に密着・結合。カラーマグネット処方で髪を保護しながら白髪を自然に染めていきます

女性にとって大切な香りもにももちろんこだわっており、

ベースノート サンダルウッド
トップノート フルーティ
ミドルノート ローズ、フリージア
ラストノート フローラル

と、香水のようにふとした瞬間にいい香りが。

 

内容成分の解析

カラートリートメントの内容成分一覧
ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

成分一覧
水、ステリアルアルコール、ベヘントリモニウムメトサルフェート、セタノール、ベンジルアルコール、アルガニアスピノサ核油、マカデミアナッツ油、ヤシ油、ホホバ種子油、アボカド油、ヒマワリ種子油、ビスアミノプロピルジメチコン、HC青12、フェノキシエタノール、ジセチルジモニウムクロリド、イソプロパノール、香料、HC青2、メチルパラベン、リン酸K、プロピルパラベン、HC青16、PG、EDTA-2Na、エタノールアミン、ヒドロキシエチルセルロース、塩基性赤76、HC赤10、塩基性茶17、HC赤11、リナロール、ヘキシルシンナマル、サリチル酸ベンジル、シトロネロール、2,6-ジアミノ-3-((ピリジンー3-イル)アゾ)ピリジン、ゲラニオール、BHT、クエン酸

次に成分を見ていきます。

ステリアルアルコールのベース剤から始まり、ナタネ油由来のベヘントリモニウムメトサルフェートやセタノールのコンディショニング成分、フレグランス要素もありベンジルアルコールと続きます。

ベンジルアルコールは少し地肌への刺激の可能性もありますが、Soil Associantion(英国土壌協会)がオーガニックコスメへの使用を許可してる保存料です。

さらにアルガニアスピノサ核油、マカデミアナッツ油、ヤシ油、ホホバ種子油、アボカド油、ヒマワリ種子油と天然のエモリエント成分がいい感じ

染料は一般的には最後にまとめて、3~4種類含まれる程度のことが多いのですが、HC青12が中盤にあり、合計8種類と倍近い種類の配合となっています。

トリートメントとしては悪くないな~というのが成分の解析結果です。

Hiro
Hiro

と、語り始めると長いのでこれくらいにして次にいきましょう。

 

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

紫のパッケージにゴールドで高級感があります。

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

WELLAのロゴも入っており、サロン専売品のイメージが強いので本格的なイメージです。

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

出し口も凹みがあり空けやすい気配りを感じます。

 

気になる白髪の染まりは?

僕は白髪が無いので、こちらの人毛の白髪毛束を使ってカラートリートメントで染めていきたいと思います。
1つは白髪100%の毛束で、もう1つは白髪30%に黒髪70%の毛束です。

まずはビフォーから。

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

そしてこの白髪対応のカラートリートメントがこちら。

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

適量を塗布しました。

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

このブログではカラートリートメントは全てのアイテムで濡れた髪に10分放置で実験しています。

 

白髪の染まりち色味

白髪の染まり上がりはこちら

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

実際に染めてみましたが、なんか雲行きが怪しい…

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

白髪100%は染まってる、染まっていない以前に紫が強すぎます。

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

ブラウンが少なすぎるため、黒髪と混ざると馴染みが悪いです。

そして5日間、日常生活をしたと考えて5回ほどシャンプーをしてみました。

 

5日後の白髪の染まり

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

シャンプーで少し薄くなった印象。

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

うん…紫ですね。

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

黒髪ミックスの方は、染まったか染まっていないか判別しづらいほどのクオリティ。

 

手触りや質感はどうなの?使って検証してみた

白髪の染まり以外にも実際に手触りも気になるところなので、自分の髪にも使用してみました。

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

出してみるとフローラル系のいい香りで、強すぎずいい感じです。

ウエラトーン カラートリートメント【クチコミ3.0】で白髪が染まるかレビュー

実際に髪に使ってみると、他のカラートリートメントにはない手触り、保湿感を感じます。

カラートリートメントは流すとキシっとした独特なきしみが気になることが多いのですが、ダメージ対応のトリートメントをしているような質感で好印象。

 

この白髪対応ウエラトーン カラートリートメントの評価

染まり
色持ち
香り
コスパ
手触り
オススメ度

良かったポイント

・質感、指通りが良く、ダメージが気になる人でも使いやすい。
・紫が強いので、白髪染めが退色して黄色くなってる人には黄ばみを抑えられる。
・染まりが悪い。
・色味が紫によりすぎているので、白髪率が高い人は使いづらい。

 

シンプルに「白髪を染める」という目的を達成するには、かなり色づきが悪いのが正直なところです。

確かに白髪は少し黄色がかっているので、補色にあたる薄い紫を入れることでキレイな染まりになるのですが、それにしては紫が強すぎます。

Hiro
Hiro

隠し味というか全面に出てしまっています。

使い方としては、最初の2~3日は連続で続けてくださいとのことなのですが、他のカラートリートメントで一回である程度染まるアイテムはあるので、わざわざウエラトーンを選ぶ理由は見当たりません。

せっかく質感が良くても、それならダメージ補修のトリートメントを使えばいいので、市販のトリートメントとしては高めな2000円というコストには見合わないな~というのが個人的な見解です。

 

全ラインナップ

クリックでウエラトーン カラートリートメントの全ラインナップが見れます
ウエラトーン カラートリートメントの全ラインナップ

ウエラトーン カラートリートメントは全3種類の色から、今の髪の色にあわせて選べるラインナップです。

ウエラトーン カラートリートメント ナチュラルブラック

ウエラトーン カラートリートメント ダークブラウン

ウエラトーン カラートリートメント ウォームブラウン

 

悩める女性にオススメできる?実際の感想!

ずばり今回のウエラトーン カラートリートメントはオススメではありません

何より大切な白髪の染まり、色味がいまいちなのが1番のネックです。

同じ値段帯なら他に染まるアイテムもありますし、香りや手触りにしても週に1~2回のカラートリートメントために重視するほどではないかな~と思います。

Hiro
Hiro

WELLAは素敵な色味のカラー剤を販売しているだけに残念です。

白髪対応のウエラトーン カラートリートメントの感想は以上になります。

白髪に悩む女性に少しでもお力になれれば幸いです。

Hiro
Hiro

僕が使ってみて本当にオススメしたいカラートリートメントはこちらのアイテム。



 

カラートリートメントの使用実験の方法について

様々なブランドから発売されているカラートリートメントには、そのブランドごとのオススメ使用法保があります。

やはり時間を長くすればするほど染まりがいいのがカラートリートメントなので、公平に実験結果を出すために、

  • たっぷりつけて10分放置
  • しっかり流して一度目の結果
  • その後5回シャンプーしてその結果

の3工程に固定して記事を書いています。

よく染めたい人は乾いた髪にたっぷりつけて、30分ほどラップやキャップなどを被って放置し、シャンプーするとより効果的に染まります。

カラートリートメンのメリットとデメリット

Hiro
Hiro

まずはメリットから。

・髪が傷まないので繰り返し使用できる。
・自宅で気軽にできる。
・一般的なカラー剤のアレルギーでかぶれる人にも使用できる。
ルナ
ルナ

次にデメリットです。

・白髪に着色はするが、黒髪を明るくできない。
・色落ちや色移りがある。
・染まりが薄い商品も多い。

メリットとデメリットをふまえて、使い方さえ間違えなければ白髪対策として優秀なアイテムになりますので、ぜひご検討ください。

タイトルとURLをコピーしました