ゆるふわのはずがバサバサに!パーマ失敗の直し事例!

営業ブログ




こんにちはHiroです。

カットや縮毛矯正、カラーなど様々な美容室での失敗取り扱っているクリスティですが、 その中でもぶっちぎりで多い失敗がパーマです。

ゆるふわのカールになるはずが、気づけばバサバサのヂリヂリに。

「こんなはずじゃなかったのに。」と悲しみに暮れて、毎日のようにパーマの失敗でお客様が来られています。

そんなパーマでのトラブルを実例をふまえて、100%嘘なしでご紹介していきたいと思います。

まずは見ていただきましょう。

様々なケースでの失敗されたパーマです。

正直に言うと可愛いくないですよね、このパーマは。

でもこのお客様達は、このパーマをかけた美容室でOKと判断されて、お帰りになっているのです。

この画像を見て、はたして何人の方がパーマをかけたいとなるでしょうか?

パーマ失敗の直しアフター

まず説明無しで見ていただきたいと思います。

いかがですか?

上の失敗の状態では外に出歩くのもイヤだったと思います。

傷んでしまった髪のダメージそのものが、直ることは今の科学では絶対にありませんが、綺麗に見せることはできます。



そもそもなぜパーマは失敗されるのか

今のトレンドから言うと、みなさんがパーマをあてたいのはこういう感じすよね?

結論から言いますと、パーマの失敗は美容師や美容業界の嘘が原因で、ヘアーカタログやインスタで見かける綺麗なパーマは100%嘘です。

そもそもみなさんパーマをかけていないんです。この画像も含めて、 ゆるふわパーマというのは全部コテで巻いてます。

綺麗なモデルさんが正面から撮ってる写真はまず100%パーマをかけません。

カタログなどで、綺麗な人が写っている写真がありますよね?

ああいう背景まで気合を入れた写真は、ヘアーモデルさんというセミプロや職業の人にお願いしたものです。

彼女たちのインスタなどを見ればわかるのですが、毎回髪型が違うのは美容師さんが、全部作ってるヤラセだからです。

プロフィールにも、堂々とパーマはNGと書かれています。

ヘアカタログとか見てても毎回同じような人が載ってますよね?

一般の方は美容師が一生懸命つくった、綺麗な一瞬芸の写真を見ながら、

「こんな素敵になるならパーマもいいな」

「ゆるふわで、朝楽なのかな?」

と思うのです。

現実に彼女たちのような可愛いカールやウェーブはパーマでは手に入りません。

パーマ失敗の直しの圧倒的な経験数

ビビリや根折れ、縮毛矯正失敗の真実でも書きましたが、他の美容室での失敗を請け負っているクリスティでは、毎日のように色々な失敗の方がご来店されています。

谷本Hiroは年間1500人ほどのくせ毛を扱っていて、縮毛矯正の比率は50%を超えます。

毎日やっている縮毛矯正の技術の応用で、傷んでバサバサになってしまったパーマの失敗を、30種類以上のパワー別の薬剤を調合して、その人だけのために使用していきます。

普通にストレートパーマのやり方だけでなく、少し毛先のパーマを残したり、カットだけで対処するなど、毎日のように直してる経験から、様々な着地点をご提案します。

最低限のダメージで取り除ける特殊な施術方法など、独自の手法で悲しみから立ち直れるサポートを、全力でさせていただいています。

パーマの失敗はシャンプーやトリートメントで直るのか?

結論から言います。 絶対にシャンプーやトリートメントで失敗された髪は直りません。

薬剤によってタンパク質レベルで、形を変形させられているパーマのかかった髪を、ただの洗剤のシャンプーや保護材のトリートメントでは直りません。

自然ではありえないパワーで失敗された髪には、同じく薬剤を使用しないと綺麗にはなりません。

市販のストレートパーマ剤でもパーマは取れます。

しかしただでさえ傷んでしまってる髪に、健康な髪用に処方されているパーマ剤を使用すると、下手をすれば髪は溶けてちぎれます。




パーマの失敗の原因は?

  • 薬液が適正でない。
  • スタイルとマッチしていない
  • ワインディングの技術的ミス
  • 縮毛矯正の髪にコールドパーマ
  • そもそもパーマで実現不可能

ざっくりとわけるとこの5つに分類されます。

1つずつ実例も混ぜながらみていきましょう。

パーマ失敗の原因①薬剤が適正でない

薬剤は人によってではなくて、髪の傷みによって決定します。

健康な髪にはある程度、強い1液でないとかからず、逆に傷んでる髪にはソフトな薬でないとバサバサになります。

髪は一見同じに見えますが、人によってパーマ液の反応の仕方はかなり違います。

Aさんにはちょうどいい薬が、Bさんにつけるとその瞬間から溶け出すことも。

パーマ失敗の原因②スタイルとマッチしていない

パーマはカットのスタイルと密接に関係してきます。

カットが1番重要であり、足りない動きやカールのためにパーマはあると考えたほうが適切です。

しかし、パーマ経験の少ない現在の美容師さんはカールの大きさにばかり目がいってしまい、こんな感じで

カットとパーマの動きが喧嘩してしまい、おさまりがつきません。

また、レイヤーを全く入れずに極端に三角形なシルエットになったり、単純に上まで巻きすぎたりも多いです。

不必要なパーマを取り除いて、カットベースを見直しました。

パーマ失敗の原因③ワインディングの技術的ミス

ワインディングとは、パーマのロッドを巻くことを言います。

美容室ではたまに見かける光景ですよね?

このワインディングは美容学校での国家試験にもなるくらい基礎的な技術ですが、もちろん美容師も人間です。

パーマ比率の少ない美容業界、たまに手を動かさないと勘も鈍ります笑

鈍りまくってた美容師さんがやると

  • 根元が折れてそこから切れ毛
  • 毛先を折れたまま巻き込む
  • ゴムの跡がつく

などがあります。
さすがに初歩的なミスすぎるのですが、以前勤務していた美容室でも、これを失敗して髪を断毛させてしまったスタイリストもいました…

パーマ失敗の原因④縮毛矯正の髪にコールドパーマ

コールドパーマというのは、デジタルパーマやエアウェーブ以外の熱や乾燥工程がない、いわゆる普通のパーマのことですが、まず100%うまくいかないです。

熱も含めて半永久的にサラサラを記憶している縮毛矯正。

自然に取れていくくらいの薬剤のみのコールドパーマが綺麗にかかることはないです。

美容業界では常識なのですが、今でもこの手の失敗は後を絶ちません。

少しこの項目から外れますが、唯一ストレート部分にかけれる可能性があるのがデジタルパーマ。

実はこのパーマの難易度はかなり高く、熟練の講師レベルの美容師さんでさえも、講習で失敗したりもします。

デジパがある店では普通に「できますよ!」とか言う美容師も多いのですが、ただでさえ多いパーマの失敗の中でも、ダントツで多いのが縮毛矯正にデジパです。



そもそもパーマで実現不可能

ヘアーカタログやいろいろなメディアで、かわいいパーマ特集なんか組んでいます。
本当のことを言いますが、ヘアーモデルさんなんかは100%パーマはかけていません。

ゆるふわで可愛いくて、朝起きただけで素敵なパーマはこの世に存在しません。

これは彼女の平田を実際に僕がパーマをかけてます。

しかし、プロがねじりながら乾かしたり、コテでここのふんわり感を足しています。

実際にここにパーマをポイントでかけたところで、ただ表面がパサつくでけで、このツヤのあるエアリー感は出ません。

少し昔風なソバージュ仕上げなら、濡らしてムースをつけて自然乾燥。

かなり時短になりますが、正直今っぽくはないですよね…

まとめると

パーマはあくまでもカットや、自分でコテで巻くときの補佐。

髪の傷みによってはかけられなかったり、矯正にパーマはやめておいたほうがいいのと、もちろん一番傷んでる毛先にかけるのだから、質感は荒れます。

条件さえあえばパーマはあなたを楽にすることもあります。

失敗も多いですが、上手な美容師さんと出会えればいいですね。





横浜・東京など関東全域はもちろん、関西や東北からも多数ご来店いただいてる元住吉クリスティ

谷本Hiro指名ご新規様Blog限定価格

ダメージ補修、失敗のリカバリー
¥18000~ → ¥16700~
Cut ¥4800 → ¥4300
Cut&Color ¥9000~ → ¥8600~
Cut&Perm ¥9300~ → ¥9000~
Cut&Straight ¥18000~ → ¥16300~

シャンプー、ブロー、Wトリートメント処理付き(tax別)
ご予約の際に、Blogを見たとお伝え下さい

クリスティ元住吉
050-3759-4317
(フリーコール)
044-433-0392
(直通電話)

クレジットカード可

クリスティの地図




タイトルとURLをコピーしました