くせも綺麗に伸ばす!デンマンの根元のテンションブロー方法

悩む美容師の教科書




前回のデンマンの毛先ブローに続き、今回は根元のデンマンのよるテンションブローの記事にいきましょう。

 

これについてはやらない美容室もあったりするみたいですね。

 

 

しかし、この根元をひっかけてテンションをかけながら行うブローは、 唯一根元の強いクセを伸ばすことができる大事な技術なんです。

 

 

ぶっちゃけロールブローはデンマンの毛先ブローができれば問題なくできます。(おばさまブローは別ですが…)

 

 

まずは動画を御覧いただきましょう。

 

 

デンマンの根元テンションブロー

 根元のテンションブローのポイント①持ち方

 

デンマンブラシの正しい持ち方になります。

 

 

人差し指と親指で軽く持ち、他の3本は添えるだけになります。もちろん力は必要ありません。

 

 

動かすのは 人差し指と親指は軽く動かすだけでデンマンは十分動きます。

 

 

握りこんで手首で動かしてしまうと、続くと腱鞘炎になる恐れがあるので注意して下さい。



根元のテンションブローのポイント②角度

ブロッキングに対してのブラシの角度は 45度が基本になります。

 

 

ブラシを縦にいれるとテンションは弱くなり、逆に横に寝かせて入れると強く引っ張ってしまいます。

 

 

もちろん癖の強さや、髪の細さによって多少の調節は必要ですが、最初は基本通りのネープでもトップでも均一な45度を意識してください。

 

根元のテンションブローのポイントその③二列目に高温をあてる

 

前回の記事にも書いていますが、ブローには面が整っている状態で高温をあてる必要がありますので、①と②ですくったブラシにドライヤーをくっつけます。

 

 

そして 2~3回同じ工程をして乾くくらいが丁度いい水分量とスピードになります。

 

根元のテンションブローのまとめ

基本的に大切なポイントは毛先のブローと同じです。

  1. 面を綺麗に
  2. 高温をあてる
  3. 水分量のコントロール

この3つですね。

 

 

まずはハンドブローで表面の水分を飛ばし、今回の根元のテンションブローを行う。

 

 

そして、根元のクセやボリュームのコントロールができて乾いたら毛先のブローに変更し、毛先までツヤを出して収めていく。

 

 

この2つの記事でデンマンの検定合格記事は終わりです。

 

 

もしわからないところや、やってるところを見てほしかったら、Hiroのツイッターまで気軽に連絡ください。

 

 

ゆるーくやっていきましょう笑




タイトルとURLをコピーしました