前略、上大岡リベルタで働きませんか?美容師に向けた求人記事

悩む美容師の教科書

美容学校を卒業して、昔から憧れていた美容師に。

 

 

シャンプーを覚えカラーを知って、夜遅くまでパーマを巻いて、なけなしの給料からウィッグを買ってカットのトレーニング。

 

 

そして実際にお客様を担当するデビューまで辿り着くまでに、いっぱいいた同期が辞めていくのを見てきたと思います。

 

 

「あれ?本当に努力した先、美容師として生きていけるのかな?」

 

 

安定した給料や労働環境の向上を求めて、他業種にいっぱい人が流れていきます。

 

 

何年、何千時間、何百万もかけて美容師になったのに。

 

 

努力しても結果がでないのは自分に才能がないからなのか?

 

 

才能や、環境について書いていく、美容師さん向けの記事です。

 

 

うちで働きませんか?

 

谷本が転職した結果

 

先に結論から書きますね。

 

 

  • 総売上・指名売上はアベレージ2倍に
  • 入れたい薬剤、導入したい手法はプレゼンすれば可能
  • 土日祝や、夜早めに帰りたいときは相談できる
  • 営業中に練習可能

 

 

ざっと書いただけで、これくらいのメリットがあって転職は成功と言っていいと思います。

 

 

美容業界って変に丁稚奉公というか、給料や休み、お店の方針に意見してはいけないみたいな風潮がありますよね。

 

 

「スタイリストに育ててやったんだから」

「環境のせいにするな」

「ここで続けられないならどこに行っても一緒だ」

 

 

でもよく考えてみてください。

 

 

飲食店でもスーパーでも、新人スタッフにレジもオペレーションも教えますよね?

 

 

戦力になってほしいのだから、当たり前に面倒見ますよね?

 

 

教えるのが嫌だったり恩を売るのが目的なら、そもそも雇わなければいい話ですし。

 

 

続けてほしいなら辞めたい環境にしなければいいし「その子の給料を稼いでやってんだから」なんて言うならもうお察しですよね。

 

 

あなたを雇ってお店に自分の給料以上の生産性を出せているから、経営者は雇い続けるわけですよね。

 

 

環境云々も、才能がある人しか育てられないのですか?ってことですし、それならばその職場では才能がある人だけ続ければいいのです。

 

 

どこに行っても一緒なら、そのお店でなくていいのだから(笑)

 

 

耳障りよく正当性を主張し、従業員を否定してくるのなら代わりに言いたいのは「そんなとこにいてやる必要はないし、恩義はあなたが働いた分で十分返してますよ。」ということです。

 

 

転職したきっかけ

以前のお店には4年半いました。

 

 

和歌山で6年美容師をやってスタイリストになっていたのですが、もう一度アシスタントからやりました。

 

 

和歌山のときは手取り6~8万くらいかな(笑)

 

 

そして神奈川に来てアシスタントで手取り16万くらい。

 

 

夜は練習しながら、ファミレスでもバイトしていました(笑)

 

 

そして神奈川でもスタイリストになって、2年ちょいくらい。

 

 

和歌山の時と合わせると5年くらいのスタイリスト歴です。

 

 

売上は一向に上がりませんでした。

 

 

むしろ和歌山時代のほうが売上自体は高かったのです。

 

 

不思議ですよね。

 

 

技術力も、接客力も上がっている。

 

 

遠くからこのブログを見て来てくれる、ご新規の指名のお客様もいる。

 

 

それでも横ばいでなかなか上がらない。

 

 

これはなぜでしょうか?

 

 

美容師力と売上は比例しない

努力と結果が比例しないように、美容師としての力と売上も比例はしません。

 

 

売上が2倍の美容師と比べても、実はそこまでの実力差がないケースも多々あります。(逆に実力差がすごくあるケースもありますが)

 

 

基本的な技術力。

 

 

今の時代は軽視されがちですが、やはり美容師なのだからこれは必須です。

 

 

1ミリのズレもなく切ることだけでなく様々なスタイルの引き出し、髪質の最初の読み、コミュニケーション能力…

 

 

といった様々なことがあります。

 

 

ですがそれができる・できないと、売れる・売れないは別問題でもあります。

 

 

①同じ店舗内での影響力

まずお店でのトップが、ゴリゴリと自分自身を押し出していると、出る芽も出ません。

 

 

一番売れていたいと思っているトップは、自分に一番都合がイイようにお店のシステムや売り方を作っています。

 

 

トップよりも圧倒的な技術差や別枠の武器があるなら別ですが、そこで育ったのなら難しいでしょう。

 

 

辞めて競争相手が少ないところに移ったほうが早いです。

 

 

そしてそれをしていいのです。

 

 

背中を押してくれないトップが悪いのですから。

 

 

②若手のために集客をしない

デビューしたてのスタイリストは、やはり最初は担当数が少ないものです。

 

 

それが悪いわけではなく、みんなそうなんですから。

 

 

たまにデビュー初月100万!

 

 

みたいな子もいますが「はえー。すごいなー。」と思いながら右から左にスルーしましょう(笑)

 

 

日本一を目指すなら気にしなければいけませんが、目の前のお客様にとって唯一無二であればそれでいいんですよ。

 

 

ただそれにはやはり経験数も必要です。

 

 

月に3人しか入客できない環境と、毎日3人担当して月に75人の入客できる環境。

 

 

圧倒的に後者の方が伸びます。

 

 

正直に言うと若手の時は失敗したり、しっくりこない時もあるでしょう。

 

 

僕も今でも100点満点だと自信をもって言えるときのほうが少ないくらいです。

 

 

それでも毎日のすこしずつの気付きや、お客様の新しい要望、自分自身の加齢や立場の変化、周りのスタッフからのフィードバック。

 

 

気づけば半年前の自分が作ったスタイルがいまいちに見えてきます。

 

 

それはずーーっと起こることです。

 

 

ですがここで入客せずに、鞘に収まったままではそれすら経験できません。

 

 

ウィッグを切って上達するところと、入客して上達する能力はまた別物です。

 

 

どちらも必要なんです。

 

 

入客させてくれない、なかなかデビューさせてくれないオーナーさんが、スタイリストと同じくらいの扱いをしてくれて、この先40年も世話してくれるならイイでしょう。

 

 

ですがそのオーナーさん、もしかしてあなたをアシスタント給料で使いたいだけかもしれませんよ?

 

 

美容師として一人前にすること。

 

 

これを思うならどんどん入客させて、その結果の責任を上が持ち、一緒に考えて向上していく。

 

 

若いうちは…とかそんなものどうだっていいんです。

 

 

早く上手くなれるなら、早いにこしたことはないのですから。

 

 

給料も上がって、安心感もあって、生活やプライベートも充実する。

 

 

そのためには売上を作るしかないのです。

 

 

だから入客をしない手はありません。

 

 

③単価問題

入客はした方がいいのです。

 

 

とはいえある程度の単価や技術力、スピード、客層もふまえないといけません。

 

 

50%バック!指名料はそのままキャッシュバック!週2からOK!

 

 

なんかいい感じに聞こえますよね?

 

 

「あれ、100万やれば給料50万じゃん…」

 

 

ですが中身を見ていった時に

  • カラーカット3600円
  • カット2200円
  • カット縮毛矯正8000円
  • クーポンはフリーのみ使用可

 

まずカラーカットで見ていくと、2時間かけたとしたら、1800円バックしたとしても時給900円。

 

 

1.5時間でも1350円。

 

 

カット30分で二人やってやっと時給2200円。

 

 

縮毛矯正なんて3時間もかけたら全く割に合いません。

 

 

そしてアシスタントがいないなら、詰まったら事故ります。

 

 

指名料も入るかもですがフリーしかクーポンは使えず、この値段帯で来る人がわざわざ指名して高い料金でとなるなら、はじめから行かない人が多いでしょう。

 

 

個人事業主なので、自己責任でこの時給で保証もない。

 

 

アベレージ時給1500円なら、8時間25日出勤で30万です。

 

 

旅行とか行けばもちろん下がります。

 

 

そしてスピードや単価を上げることに躍起になって、上手くなるのでしょうか?

 

 

周りにあなたを上手に売れる美容師にしようと、本気で思ってくれる人がいますか?

 

 

こういう意味でもたしかに入客は大切ですが、単価や環境のバランスもきちんと考えないといけません。

 

 

さらに低単価のお店で掴んだお客様を、将来独立や移動した時にそのままの単価でやるのか?

 

 

単価を上げれば離れるでしょう。

 

 

こういった意味でも、安定した売上に単価は非常に深く関わってきます。

 

 

そして単価は根本的なお店のシステムです。

 

 

耳障りのいい言葉だけでなく、きちんと中身を理解して選ばないといけません。

 

 

リベルタを勧める理由

僕は別に経営者でもないし、ぶっちゃけ個人のこのブログで集客をする必要もありません(笑)

 

 

ただ今でも3席あるセット面は基本的にフル活動。

 

 

もうすぐパンクします(笑)

 

 

その状態でも別にイイのですが、今でもスタッフみんな自分のお客様をお断りしてる状況。

 

 

ではもう一店舗あれば、スタッフが増えれば。

 

 

お断りすることも減りますし、そもそも1人あたりのスタッフの生産性は100万を超えています。

 

 

十分に現状では売上が少ないスタイリストや、新卒のアシスタントを雇っても問題ない経営状態です。

 

 

なので焦らず、でもやりたいスピードで伸ばしていってあげられると思います。

 

 

平均単価は高く、ご新規様も10000円は超えています。

 

 

僕は平均13000円ほどです。

 

 

そしてそれに見合う技術力もみんなで共有します。

 

 

もちろん、僕の縮毛矯正や他店の失敗のリカバリーも。

 

 

社長は基本的なカット技術や幅広いジャンルも。

 

 

ウィッグもお店が支給してくれます。

 

 

個人集客したい人なら、ブログのSEOやSNSの活用法、遠くからお客様を呼ぶ方法も。

 

 

みんなそれぞれ違う店や環境で育ってきました。

 

 

ですが個人事業ではないのでそれを出し惜しみはしません。

 

 

今のサロンワークも、いい意味で個人プレイでもあります。

 

 

今この記事は僕が営業中に空いてる時間に書いていますが、他のスタッフはお客様に入客中です。

 

 

そこで変に社長にシャンプーをさせてはいけない!

 

 

みたいなのはありません。

 

 

あまりにも僕が暇な日で、社長が裏方仕事が多い時は変わりもしますが(笑)

 

 

それぞれが自分のため、お店のためにそれぞれが得意なパフォーマンスを発揮する。

 

 

そんな環境でやっていきませんか?

 

 

美容師に才能は必要ありません。

 

 

美容師が好きな時点で才能なんですから。

 

 

あとはコツやノウハウだけ。

 

 

美容師が好きな人。

 

 

今は上手くなくていいんです。

 

 

僕もそんなもんです。

 

 

みんなで上手くなりましょう。

 

詳しくはコチラから。

 

 


横浜・東京など関東全域はもちろん、関西や東北からも多数ご来店いただいてる上大岡の美容室リベルタ。

 

ダメージ補修やパーマの失敗対応などは、下記の公式ラインかお電話(0453708455)でご予約をお願いします。

 

 

ダメージ補修はネット予約でご予約いただけません。
谷本Hiro指名プライス
ダメージ補修、抗がん剤後の縮毛矯正、失敗のリカバリー ¥21000~
縮毛矯正+3ステップトリートメント ¥18500~
消費税、カット、ブロー込み

 

クレジットカード可

 

ご予約やカウンセリングは谷本HiroのオフィシャルLINEアカウントまでどうぞ。

 

返信まで少しお時間をいただきます。
近いお日にちでご予約をご希望される方は、リベルタ(0453708455)までお電話ください。

タイトルとURLをコピーしました