カラーや白髪染めと縮毛矯正は同時にできる?どっちが先?

こんにちはひろぽんです。

Hiro

もう寒くてお布団の中で暮らしたい。



2転がりで全てに手が届くのが理想です。



さてわけわかんない欲望を晒していないで、今回の記事はよくお客様の聞かれるこちら。

ねこ

縮毛矯正とカラーって同じ日にできますか?



僕はくせ毛のお客様が8割になるので、カラーも縮毛矯正もしてるお客様がたくさんいらっしゃいます。



ではくせ毛美容師的に、縮毛矯正とカラーの順番についてご紹介します。

目次

縮毛矯正とカラーや白髪染めは同じ日にできる?

結論から言うと、同じ日にできます。



僕はお客様に何度も足を運んでいただくのも悪いので、ほぼ一緒にやっちゃいます。



別の日ではなく同じ日にやるメリットとしては

  • トータルの時間が短くなる
  • 料金が別より安い
  • 予定が立てやすい
  • 施術が安定する


といったところでしょうか。



デメリットで言うと一回の時間が長いくらいですね。



中には長時間座っているのが厳しい人や、ご家庭の事情で早めに帰りたい人なんかは別でやりますね。



一緒にやると髪にダメージが…といった美容師さんの意見もあります。



ただ僕は今まで同じ日にやったから、特別傷んだという実感はありません。


Hiro

少なくとも縮毛矯正かカラーどっちかは、根元のみの施術も多いしね。



さてそれでは同日にやった時のポイントを解説していきましょう。

縮毛矯正とカラーどっちが先?

同じ日に縮毛矯正とカラーを一緒にやるとして、どちらを先にやるかという問題があります。



これは何を優先するかによって、どちらを先にするのかが決まってきます。



それによってのメリットとデメリットがあるので解説していきましょう。

縮毛矯正を優先する場合

この場合は先にカラーをします。



縮毛矯正の薬剤は人によってではなく、ダメージによって薬剤の反応が変わります。

  • 髪が傷んでいるほどより薬剤が浸透する(効きすぎてダメージする)
  • 髪が健康であるほど薬剤が浸透しない(効きが甘いとクセが伸びない)


といった具合ですね。



ということは髪のダメージが可能な限り均等な方が、よりキレイなストレートの仕上がりになります。



実例がこちら。

カラーや白髪染めと縮毛矯正は同時にできる?どっちが先?


こちらのお客様は2ヶ月に一度、毎回カラーと縮毛矯正をかけに来てくださっています。



根元の黒いところと、すぐ隣のカラーをしているところ1センチ程がくせ毛となります。



この黒いところを伸ばせるパワーの薬剤が、カラーをしてダメージしているところに付くと、余分なダメージが発生します。



かといってカラー用の優しい薬剤では、黒いところの伸びが悪くなります。

Hiro

クリーム状の薬剤なので、1mmの狂いもなく薬剤を塗りわけることはまずできません。



なので黒いところを先にカラーで明るくして傷めて、カラー用の優しい薬剤で一緒に塗布していくと、根元ギリギリからクセが伸びます。

カラーや白髪染めと縮毛矯正は同時にできる?どっちが先?

これでくせ毛の悩みを優先した縮毛矯正とカラーの施術になりますね。

縮毛矯正を優先するメリットは根元ギリギリからキレイに伸ばせます

デメリットはリタッチになるのでブラウンのみ、白髪は少しキラつきます


白髪が少しキラつくとはいえ、真っ白には戻りません。


普通に白髪染めしても一ヶ月後に明るくなりますが、最初からそれくらいになるイメージですね。



なので白髪が多い人は少し暗めに染めておく手法をとります。

カラーを優先する場合

今度はカラーを優先する場合ですね。



これは先程と違って、先に縮毛矯正をしていくことになります。



黒いところがいっぱい伸びているときは、黒い髪用の薬剤をカラーしているギリギリまでつけます。



逆にあまり黒い髪が伸びていないと、カラー用の薬剤で黒いところも塗ってしまいます。

そうすると

色味はしっかり表現しながら、縮毛矯正もかけられます。

後でカラーをすることで色味や明るさをご希望通りにできます。

根元ギリギリやカラーとの繋ぎ部分のクセの伸びが若干甘くなります。


根元の黒いプリンが2cm以内であれば、縮毛矯正にあまり影響しないのでコチラの手法を取ることが多いですね。



後は年に1回や半年に一度しか縮毛矯正しない人も、そこまでクセが気にならない人が多いのでコチラにします。

まとめ

くせ毛のお客様にも、クセがとにかく気になる人もいれば、そこまででもない人。



カラーはリタッチでキレイに保てればいい人も、毎回色味まで楽しみたい人も様々です。



美容室への来店頻度なんかむ踏まえて、その人に合った提案と施術をご提供しますね。


横浜・東京など関東全域はもちろん、全国からも多数ご来店いただいてる上大岡の美容室リベルタ。



抗がん剤後や縮毛矯正の補修、パーマの失敗対応などは、下記の公式ラインかお電話(0453708455)でご予約をお願いします。

抗がん剤ストレート、他店の失敗はネット予約でご予約いただけません。

谷本Hiro指名プライス
抗がん剤後の縮毛矯正
¥50000 
指名料、カット、ダメージ予防&徹底補修トリートメント、高濃度マイクロバブルマーブでのショートスパ込。
カラー別+¥5000

パーマや縮毛矯正失敗のリカバリー、ブリーチやハイライト後の縮毛矯正
¥25000~
指名料、カット、徹底補修トリートメント込。

縮毛矯正+3ステップトリートメント ¥20000~
カット込。

フルカラー ¥7400~
リタッチカラー ¥6300~
ご新規様のみ指名料+¥2000
その他料金はこちら


クレジットカード、PayPay、id、QUICPay、楽天ペイ、各種バーコード決済でお支払い可。



ご予約やカウンセリングは谷本HiroのオフィシャルLINEアカウントまでどうぞ。

  • ID検索で @418dtaxd を検索
  • QRコードをダウンロードしてLINEの友だち追加→QRコード
  • QRコードリーダー(カメラ)でスキャン

で友達追加できます。

返信まで少しお時間をいただきます。

近いお日にちでご予約をご希望される方は、リベルタ(0453708455)までお電話ください。

マンションの一室になりますので、アクセスはこちらを御覧ください。

キャンセルポリシー

ご予約前に必ずお読みください。



2024年1月現在、抗がん剤のくせ毛の縮毛矯正モデル様を若干名募集しております。



モデルといっても実験や施術訓練というわけではなく、動画撮影の依頼になります。



根折れやパーマ失敗の補修25000円、抗がん剤の治療後の初回の縮毛矯正50000円、脱縮毛矯正カットの施術を、モニター料金としてそれぞれ半額で施術させていただけます。



顔出しがOKの方限定で、You Tube等広報活動にて使用させていただきます。



撮影後の公開はこんな感じになります



日にちは平日の指定になりますので、ご希望の方は公式LINEにて、抗がん剤のモデルの件とお伝え下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次